1/22 FAQ更新 即給の場合、口座への振込手数料は 三井住友銀行だけ安くなっていますが、 通常の給与振込はどこの銀行でも手数料は変わりませんか??

質問者
質問者
即給の場合、口座への振込手数料は
三井住友銀行だけ安くなっていますが、
通常の給与振込はどこの銀行でも手数料は変わりませんか??
即給は振込手数料がかかり、三井住友銀行(55円)とその他銀行(257円)で、手数料が変わりますが、給与は、振込手数料はかからないため、銀行ごとで手数料が変わることはありません。
そもそも、手数料はかからないです。
回答者
回答者
質問者
質問者
では、時給×時間のはずで振込されるはずですが、
何で給与から金額が引かれてしまっているのでしょうか??
給与の際に控除されている金額は、所得税になります。
所得税は、企業ごとに計算方法が異なりますし
総支給額でも増減するため、その分が控除されています。
回答者
回答者
質問者
質問者
所得税の計算方法を知りたいです
下記サイトで、計算方法が記載されています。
国税庁HP
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2018/01.htm

日額表・月額表、さらには乙欄・甲欄で区分けされています。

詳細は、営業課で確認をするようにしましょう。

回答者
回答者
質問者
質問者
ありがとうございます!確認します

■まとめ

・給与振り込み時は、銀行が三井住友銀行であろうがなかろうが、手数料は0円

・給与で引かれるのは、所得税だけ

・所得税の計算方法は、

国税庁HP
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2018/01.htm

をチェック

1/18 FAQ更新 即給サービスは、当日払いとは違うのですか?

質問者
質問者
即給サービスは、当日払いとは違うのですか?
即給は、就業後最短で二日後に銀行振り込みとなります。
また振込金額は、全額ではなく就業予定時間から所得税を差しい引いた千円単位が振込となります。

当日払いは、現地で就業後直接、全額を受け取りができます。

そのため、当日払いのが早く全額給与を受け取ることができます

回答者
回答者
質問者
質問者
そうなんだ、なら当日払いのがいいのかな?
即給と当日払いのメリットデメリットはなんですか?
即給のメリットは即給サービスを利用できる
企業が多数あるということです。
即給のデメリットは2点、
1点目、即給受け取りは最短二日後であり、すぐに必ず即給を受け取ることはできないということです。
2点目、全額受け取ることはできません、残業代・交通費・千円以下の端数金額は月払いとなります。

当日払いのメリットは全額当日に受け取ることができます。

当日払いのデメリットは、当日払い企業は数が少ないということです。

回答者
回答者
質問者
質問者
なるほど!即給企業が、すぐに反映されるようになるためにはどうすればいいのでしょうか
即給サイトに金額が反映をされるためには、タイムシートが企業より届くこと、内容不備(例:不鮮明)がなければ、すぐに反映されます
回答者
回答者
質問者
質問者
わかりました、ありがとうございます

詳細は・・・

即給は当日払いとは違うのですか?

11/20 FAQ更新 所得税率が高い企業はどこですか?

よくネットで検索をされている即給に対する質問を続々更新

所得税率が高い企業はどこですか・・・を更新

ぜひチェック!!

11/10 FAQ更新 仕事を決める前に、所得税の税額票を確認するにはどうすればよいか?

よくネットで検索をされている即給に対する質問を続々更新

仕事を決める前に、所得税の税額票を確認するにはどうすればよいか?

ぜひチェック!!

11/8 FAQ更新 即給・給与にかかる所得税はいくらかかるんでしょうか?

よくネットで検索をされている即給に対する質問を続々更新

即給・給与にかかる所得税はいくらかかるんでしょうか?

ぜひチェック!!

即給・給与にかかる所得税はいくらかかるんでしょうか。

9/29更新 即給の1000円以下の端数って何ですか・・・を更新

よくネットで検索をされている即給に対する質問を続々更新

即給サイトにかかる手数料はいくらでしょうか

ぜひチェック!!